08 2008.09 │ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 10

selected entries

category

archives

comment

QR code

スポンサーサイト

--/--/-- --*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰です。そしてギアス最終回…

2008/09/28 Sun*
お久しぶりです。冴です。
生きてますよー?(笑)
なんやかんやありましたが、まあなんとか、ね!(何)
またぼちぼち更新して…いけたらいいな! ←

今日は遂にギアス最終回ということで軽く更新しようかなーと。
以下ネタバレありますのでご注意です。






ルルーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!


なんとなく、なんとなく予想はしていましたが現実になってしまいましたね…。
やはりルルは背負い込もうとするんですね。
今回はある意味ではスザクと共有していた部分もありましたが。
スザクもまた辛いですよね。親友をその手で殺して、自分は憎んでいたゼロという仮面を被り続けなければいけなくなったわけですから。
しかし最後のギアスはスザクがしっかりと受け止めてくれたので、そういう意味ではルルも安心したのではないでしょうか。一期から色々ありましたが、お互いに信頼のおける存在だったわけですし。
そして最後には今まで一心に守ってきたナナリーにも真意を分ってもらえたことが救いだと思います。
途中で様々な事情が入り組んではきたものの、初めはナナリーのために始めたことだものね。
ルルのしてきたことが善い・悪いではなくて、ただナナリーに理解してもらえたことが良かったなぁと。
ナナリーの号泣の中、民衆のゼロコールには私も涙でした。
ルルが望んでいたこととはいえ、悲しい結末だ…。

「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」
一期の1話から登場していたこの台詞ですが、まさかこんなに意味を持っているとは思いませんでした!
演出凄いな…!
非道になったりヘタレたりしながらも、結局その信念を貫いたルルーシュはカッコイイと思います。
その生をもって世界を壊し、死をもって新たな世界を築いた。最後の言葉通りのことをやってのけましたね。
ただやっぱり悪役を演じるには優しすぎたんだと。
もちろんそういう人間だから、世界の憎しみを背負った自分が死ねば…なんて結果になったのだと思いますけど。
ルルの死、スザクの罰、望まざるとは言えした罪には代償が付きまとう…。まさに「因果応報」ですね。
なんだか凄く考えさせられるアニメでした。
1期から合わせて全50話。感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう。

今日ずっと買おうと思っていた「World Destruction」買ってきたのに、色々と衝撃が大きくてまだ開けてもいないよ…。
来週からは00ですね。…兄さん(涙)思い出しても悲しい…。
次から紛争地域にはフレイヤ投下☆ではなくガンダム投下☆になりますね(笑)
オフの兄貴とかリジェネとか気になる要素が多すぎます。
スポンサーサイト

profile

link

Twitter

応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。