01 2011.02 │ 12345678910111213141516171819202122232425262728 03

selected entries

category

archives

comment

QR code

スポンサーサイト

--/--/-- --*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真翡翠進めちう…

2011/02/02 Wed*

課題をこなしつつ、真翡翠を進める今日この頃。
久々に乙女ゲー色々検索してみたら、やっぱ知らないのが沢山^p^
少し前に乙女ゲーの商法にうんざりしてしまって冷めていたので全然最近の分かんないやww
ぱっと見「CLOCK ZERO」がすんごく気になった!
レビューみても評価良かったし、面白いのかな。
シリアスっぽいけど個人的にシリアス大好きだからやってみたいなぁ(´▽`*)
てことで(?)引き続き真翡翠感想書いたりしますw
明後日貸してくれた子と遊ぶんでその時返したいから…ま、終わるだろ!


■克彦ルート
出会いが…とか云々言いましたけども。
やっぱ萌えたよ\(^p^)/
やっぱさ、石田ボイスには勝てないわけよ。どう足掻いてもあの声で好きだの何だの言われたらときめくわけよ。
これ乙女ゲーマーの法則。←勝手に法則にすな
見事なクーデレ先輩でしたね!ww
最初もう言いたい放題言われてる時はけっこうグサグサきましたけどw
デレてからがたーまーらーんー!(*´д`*)ハァハァ・・
表面的には皮肉交じりできついことも言うけど、なんだかんだで珠洲のこと心配してるが故のことですし。
言い方や態度で自分をあえて悪人ぽく見せる優しい人ってものっそい萌えます♥
イベント的にもオイシいとこが多かったですね。
じつは裸族だったとはwww
いやしかしスチルご馳走様ですwwある意味キススチルより恥ずかしいww
翌朝の高千穂家の皆さんの反応にも爆笑でしたww陸落ち着いてwww
ご飯も作ってもらっちゃって、至れり尽くせりですね、なんだか!私も食べたい!←
克彦ルートは翡翠全体の話を把握する上でもなかなか重要なルートだったんじゃないかと思います。
まさかの真緒姉さんの出自が明らかに…!
壬生父と珠洲母の子ということは、珠洲の異父姉であり壬生兄弟の異母姉ってことなんですね。ふむふむ((φ(・д・。)
克彦が珠洲の傍を離れ、豊玉姫を傷つけるな、といったときは何が何やらでしたが、背景を知って納得。

克彦のことは、貸してもらった友人から「なんか途中で異次元に飛んでる★」と聞いていたのでなんのこっちゃと思ってたんですが、プレイしてみてあああそこかとww
宝具手に入れたとき、シリアスな場面なんだろうけどちょっと笑っちゃいました((´∀`))
あの高笑い…邪悪すぎるww←
完全にあれは悪役の高笑いだと思いましたww
でも今のところ一番好きなルートだったなーと思います(ノω`*)
返す前にもう一回やろうかなぁ。

■小太郎ルート
なにあの可愛いカップル!!
このルートは小太郎に、というよりもこのカップルの可愛さに萌えてました(*´ω`*)
初々しすぎる…!応援したくなる…!w
話の大筋自体は克彦とほぼ同じで、珠洲がどっちの心境に迫るかという違いくらいだったのでストーリー的な新しい発見はなかったのですが…。
珠洲を守りたい!っていうまっすぐな気持ちが伝わってきて、きゅんきゅんしました(*≧∀≦)
今までは弟として兄に良くも悪くも従ってきたんでしょうが、それを脱却してひとりの小太郎として珠洲を守ると誓って、克彦と決闘して、なんか成長したなって^ω^
そして照れ顔のスチルの可愛さがハンパないww
あれ出るたびに画面の前で「うはw」っていってた私自重しろwww
そして天野家に呼び出された珠洲を心配して小太郎がきてますよ、と沙那から話を聞いた時、まさかと思ったけど…
おwまwえwもwかwww←
兄貴の真似なの?壬生家の習慣なの?w
どっちにしろなんのお咎めもなかった兄貴と違って、加奈&陸の鉄拳制裁を食らった小太郎は哀れとしか言いようがないww
克彦は確かに迫ったことも事実だけど、小太郎は迫ってはないのにw
陸の「戦いの後は、いつもむなしい」にも爆笑させてもらいますたww
あー、真っ直ぐすぎてある意味恥ずかしいルートだったな(〃艸〃)
しかし珠洲への気持ちも確かにストレートにいってたけど、兄貴にも大好きなんだよ!って力こもっていいすぎじゃね?と突っ込んだのは内緒w
あの兄弟って、お互いにブラコンなんですね分かります^p^

スポンサーサイト

profile

link

Twitter

応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。