03 2011.04 │ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 05

selected entries

category

archives

comment

QR code

スポンサーサイト

--/--/-- --*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトすることになりました。

2011/04/24 Sun*

だんだんあったかくなってきましたねー。
花粉症もないので私的には快適です。
しかしいい加減自校に申し込まないと…。免許取得する気はあるけど、手続きのなんやかんやがめんどくさいな←

話し変わって。
今月1で行ってる余暇支援活動のボランティアがあるのですが、ヘルパー2級を取得したといったらガイドヘルパーとしてそれが仕事になるらしいので、あれよあれよという間に登録ヘルパーになってたんだぜww
今までまあ自分なりの考えがあってバイトしてなかったのですが、思わぬところでバイト?っていうのかな??まあそんな感じのことをする運びになりましたw
といっても、非常勤なので登録した事業所から仕事内容のメールが来て、自分の都合がよければOKして、無理だったらそれを伝えればいいだけなのでそんなに仕事仕事してる感じでもないのでよかったです。
勿論自給発生するからには責任をもってやるけど、私の考え方としては自分の自由で気楽な時間を削ってまでバイトをしたくなかったので、将来のための経験にもなるし、願ったりかなったりなんですけどね^ω^
でも何はともあれお給料がもらえるのは有難いことだ。
無駄遣いはしないほうだと自分で思ってますが、まあゲームに消えていきそうで…ww
今秋には俺屍リメイクもあるしね!これは絶対に予約して買う!!


無双6、今更過ぎだけど漸く全員プレイアブルになったよ!(ほんと今更)
好きなキャラを強化するのを先にやっちゃってたので、全然列伝クリアしてなかったっていうねwww
貂蝉は初めて3やった時からお気に入りです(´∀`*)
でも6のデザインは、んー可愛いけどツボって感じではなかったなぁ。顔もちょっと変わったしね。
性格は4までの清純な感じでも5みたいに悪女入っててもいいけど、顔は6みたいに悪女です!って感じじゃないほうが好きだな。
総合してビジュアルはダントツ5が好きです♥ので6も5衣装でプレイしてますww
しかし無双の女の子は皆可愛いよね!
王元姫も大好きだよ(*´д`*)三国志ってビジュアルじゃないけどね!FFっぽいなと。

キャラによっては衣装を5とか4に変えてやってますが、やっぱ総合的には4が一番落ち着くかな。
5でビジュアルとか微妙に変えてきたのも嫌いじゃないけど、やっぱり4が一番「らしい」って気がする。
3衣装もDLしたいんだけど、21日からまだずっとPSNがメンテ中なんだよね(´・ω・`)
早く復旧してくれないかなぁ。

スポンサーサイト

薄桜鬼プレイ感想②

2011/04/18 Mon*

さて、薄桜鬼感想続きいきまーす!
一応ネタバレ注意ですぞ!

■藤堂平助
へーすけ可愛いよへーすけ!(何をいきなり)
もうあの子可愛すぎてきゅんきゅんしました(*´ω`*)
そして何より、よっちんボイスがぴったりすぎですよね!!
色んな役のよっちんを聞いてるけど、個人的には平助が一番好きかも♥ガイも好きだけど。
そういう元気な少年役がやっぱいいなぁと改めて思いました♪

ルートもなんだか等身大な感じでよかったです(●´∀`●)
実際には本編でも出てきたように「成人済みで年上」なんだけど、でも攻略キャラの中ではきっと一番若いよね。
だからか千鶴も割りと自分の気持ちでぶつかっていってた気がします。
プレイ前は若くして油小路でお亡くなりになった藤堂さんだからゲームではどうなるのかとどきどきしてましたが、ある意味史実通り死んだんですね、人間として。
油小路の前は御陵衛士となった自分の選択に葛藤し、油小路後は人外の者になってまで生き延びた自分の意味に葛藤し…。
他キャラもみんな葛藤はしてますが、平助ルートは特に若さゆえの葛藤ルートだったなぁと。
特に4章?だったかな?「黄昏が夜明けに見える!月が太陽に見える!~」は羅刹の狂気に侵されていく恐怖と焦燥が詰まってて、なんとも切なくて印象的な台詞でした(´;ω;`)
そしてよっちんの演技力ぱねぇ…!と改めて思いました。声優さんさすがすぎます…!
悩んで立ち上がって壁にぶつかってまた悩んで、でも誤魔化さずにまっすぐ進もうとするからほっとけないって言うか応援したくなるって言うか…。
それだけに千鶴への想いも真っ直ぐでまぶしいぜ!ww
他のキャラは悪く言えば素直じゃないと言うか、駆け引きしたりすることもあるけど平助は裏がないよね。
千鶴とは、千鶴は平助の明るさとか優しさに元気をもらってるし、平助は千鶴の存在や言葉に救われてるって感じで、持ちつ持たれつなとこが好きです♥
しかし普段いい意味で子供っぽいので、ふとした時に見える男っぽいとか大人っぽい言動に一層どきどきします(*゚Д゚*)
EDも、先を考えれば切ないですが、何だか大人っぽい雰囲気にきゅん…!
内容としては結構重いルートだと思いますが、端々の会話がくすりとしてしまったり可愛かったりで、あー楽しいな♪って純粋に思うルートでした^ω^


■風間千影
第一印象は、チモっぽいな…と思ったのが正直なところですwww(遙か3の)
チモの2Pカラーっぽくないですか?←
チモほど喋りが遅くなかったので安心しましたけどwww
ビジュアル的には羽織がいかにも「頭領」っぽくてすごい好き!和服一番好きかもー(´▽`*)

他キャラのルートでは完全敵で、共通でも主人公を拉致りにくる(しかも一方的な婚活w)というとんでも設定で、ルートにはいったらどんな感じになるのかなーと思ってましたが、意外にいい人だった(´゚д゚`)!!
新選組とはぐれた千鶴がその足跡を追うのに同行するという形で、最終的には蝦夷までついてきてくれる風間。世話焼き…!
このルートは、終章から恋が始まるって感じだったので、ルート中は糖度はそんなでもなかった気がしますが、随所に風間の気遣いや優しさが散りばめられててよかったなぁと(ノω`*)
終章のその後が一番気になりますね!
あんな風間ですが、千鶴も結構いう時は言うので意外と尻に敷くかもなんてwww
しかし行く先々で新選組の悲報ばかり聞かされるので切なかったなぁ…(´・ω・`)

こういうキャラの意外な優しさとかは結構好きなので、随想録とかでもうちょっと掘り下げてくれると嬉しいかなーなんて。
最後までノーマルルートを兼ねてるので、どうしても恋愛要素絡ませづらいですもんね><
とりあえず津田さんの低音ボイスにはシビれます…♥


■原田左之助
なんだかやたらとオトナなルートでしたね!ww
まあCV遊佐さんな点でえろいって言ってるようなもんですけどね!←
このルートでCERO:Cの意味がよく分かりましたwwいや実際は流血表現っていうところもあるんだろうけどね。
キスした理由が「泣いてる女を黙らせる方法、これしか知らねぇんだ」だった時はもう 色 ん な 意 味 で 絶 句 (゚д゚)
え、いつもこんなんしてんのかい!www
しかもまさかオトメイトであんな 暗 転 。 みたいな展開が来るなんて思わなかったァァァァァ!
翌朝のモノローグ?ではっきり「肌を重ねた」とか書いちゃってるしね!オブラートに包もうよ!なんかR18より恥ずかしいよ!
このあとの網道さんを倒すところ?だかで「私たちは夫婦になった」みたいなこといってたけど、ED前に恋人どころか夫婦になるなんてすげーなおいw

でも何やかんやいって私一番好きかもしれない(´▽`*)えろさはともかくとしてw
ただ女慣れしてるだけじゃなくて、そこに自分なりの信念があるところが好きです。
都合のいい時だけ優しくして、とかじゃなく、どんな時でも男は女を守るもの。優しくて面倒見が良くて、そして「守ってもらう」っていうのはやっぱり乙女冥利に尽きますよね♥
私はてっきり、風間以外の攻略キャラはみんな羅刹になるもんだと思っていたので、この薄桜鬼の中心といっても過言ではない羅刹とその性質が関わってこないとなるとどんな話になるのかなと疑問でしたが、いざ終わってみると羅刹にならないことで左之さんルートのよさが引き立ってるなぁとひとり感心しちゃいました(^ω^)
薄桜鬼には鬼・羅刹・人間と3つの種族(っていう表現が正しいのか分かりませんが…)が出てきますが、単純に戦闘能力だけを考えれば人間が最も弱いです。
鬼や羅刹と違い、受けた傷は癒えることなくそのまま死に直結します。
最初はその戦闘能力の優劣のまま、左之さんは鬼に敗北し、何度となく「人間では鬼にかなうわけない」という類の言葉をかけられますが、でも結局は鬼も羅刹も退け愛する人を守り抜くんですよね。
散々クズだの脆弱だの罵られた人間と言う存在でありながら、客観的な能力の優劣を覆した。それだけ想いが強いっていうのと、千鶴を守るって宣言してる印象が強かった左之さんですが、見事に有限実行したってわけですな。
網道さんにとどめを刺す時も、千鶴の親殺しの意識を少しでも薄めるために「あんたを殺したのは他の誰でもねぇ、俺だ。」って言い切るところがもう素敵過ぎた…!
うーん、かっこいい(≧▽≦)
そして私キスとかよりも、頭撫でられたりするほうが萌えるってことに気づいたw

ED的には、新選組の中では一番ハッピーエンドだったんじゃないかと。
羅刹の寿命の件も心配ないし、ふたりの夢もかなえられたし♪
子供の扱いに手を焼いてる左之さんに萌えた!いつでも余裕のある左之さんだったから余計に。

そしてこのルートで不知火の株が一気に急上昇wみなさんそうですよね?w
可愛いじゃないか!根はいいやつな不良みたいな感じでしたね^ω^
てか、不知火の「親友」って高杉のことだったんですね!吃驚したΣ(゚ロ゚」)」
留魂録の「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」は私も好きなので、出てきて何だか嬉しかった(●´艸`)
武士という生き様に無性にしっくりくる句ですよね。


■土方歳三
そして最後は鬼の副長こと土方さんです♪
この人はやっぱり最後でしょう!と思ってラストプレイにしたのですが、我ながらGJな選択でした^ω^
ノーマルも良かったけど、土方さんルートもひとつの物語の終わりとして、いい意味ですっきり終われたなと!
CV三木さんとかたまんないよね!べらんめぇ口調もかっけーよね!
あの見るからにサラッサラな御髪に触りたい…!

しっかしメインだけあって長かったけどね!
プレイし終わって、彼の歴史=新選組の歴史なんだなぁと改めて感じました。
新選組そのものの存在の意義についてスポットを当てている場面が多かったので、正直糖度はそこまで高くなかったと思います。
ラブラブっていえるのは最後の最後9章くらいからですし、前半は勿論萌えるイベントはありますけど、なかなか恋愛っていう要素は見えにくいです。
でもその分土方さんの新選組に対する想いとか、とにかく新選組という存在についてすごく丁寧に描写して掘り下げてあるシナリオで個人的には相当満足です!
乙女ゲームという側面を第一に求めてる人には賛否両論かもしれませんが、新選組自体が好きな私にとっては非常に胸熱なルートでした!
移り変わる時代と戦いながら最後の瞬間まで誠の武士を志し、そうあり続けた男たちの生き様…最高。・゚・(ノД`)・゚・。
新撰組が好きな方には超一押しのルートですね!

まあまったく史実通りとは行きませんが、史実のように容赦なく人が亡くなっていきます。
もう涙無しでは見られない…(´;ω;`)特に4章!
げ、源さああああああああああああああああん。・゚・(ノД`)・゚・。
TVの前でリアルに号泣。源さん…こんな初っ端から泣かせないでぇ…。
大河の時も源さんの最期号泣したんだよぅ><
山南さんもこのルートではなんかすごいもう…!
他の人のルートではちょっとアレなことが多かったので、嬉しかったと言うかなんというか…。
あの山南さんと平助の手を握って、ふたりが灰になってしまうスチルは胸が詰まる思いでした。
仲間を失った悲しみと、羅刹である自分もいずれは同じ末路を辿るであろう恐怖で、土方さんは辛いなんて言葉じゃ言い表せない心境だったんだろうなとか。
でもこのルートはみんながみんな誠の武士すぎて胸が苦しい…。
近藤さんが投降したあとの土方さんの叫びは、これまた胸に突き刺さりました(´;ェ;`)
新選組を盛り立て、近藤さんを押し上げることがそれまでの土方さんの生きる意味だったんだもんね。
その近藤さんがいなくなって、自分のしてきたことを全て否定されたような状況に陥っても尚、自分は生きている。
やるせなさとか悔しさとか怒りとか、あのスチルに詰まってるなーと思いました。
千鶴のように思わず抱きつきたくなるってもんです…(´;ω;`)
ああ、このルートはもう語りたいけど語ると切ないですね;;やっぱプレイするのが一番ですね。

乙女ゲーム的には、なかなかデレない土方さんでしたが、随所に見える気遣いや世話焼きなところにきゅんきゅんさせられました♥
個人的には、千鶴が天万屋の山口さんこと斎藤さんへの手紙を届けに行くところで、千鶴が出て行ったあとに山崎さんと島田さんにこっそり着いていくよう指示するところにときめきが隠せなかった…!
気にしてくれるのね、うふ(ノω`*)
他にも「お前の入れる茶に新選組の命運がかかってる」と千鶴をさりげなく気遣ったり、新選組の副長という立場から自分も他人も厳しく律しているけれど、近藤さんが言っていたように本当は人のことを放っておけない世話焼きなんだなぁってニヤニヤ(^ω^)
いやしかし前半の糖度低めがあるだけに9章あたりのデレっぷりには度肝を抜かれましたがねww

そしてまさかタイトルである【薄桜鬼】の意味がここで分かるとは!
風間が名づけた、鬼としての土方さんの名前だったんですね^^
確かに桜のような儚さと、羅刹と鬼であるという意味もあると思いますが鬼のような雄雄しさを併せ持った人ですもんね。
そういう場面じゃないんでしょうけど、風間のセンスのよさに吃驚でしたw

***

書き終わったー\(^o^)/
こんだけ書くとさすがに疲れたわww
てことで随想録プレイ開始しまーす♪
随想録終わったら、薄桜鬼全体の感想でも書こうかな。
てか新撰組はやっぱいいね。大河のDVDBOX改めて欲しくなっちゃったよ!

薄桜鬼プレイ感想

2011/04/17 Sun*

薄桜鬼本編、コンプしましたー!
私の場合熱があるうちにやらないと、積みゲーになっちゃうのでねwww
ということで簡単に感想なんぞを書いてみようかと。
ちなみにクリア順は沖田→斉藤→藤堂→→ノーマル→風間→原田→土方でした^ω^
ネタバレ注意…とかは、発売されてから年単位経ってるし、言う必要もないかなw
これからやるんだーって人は注意で。


■沖田総司
最初にこのビジュアルを見た時、っていってもキャラは把握してたのでそれこそ発売当初ですが、今まであった沖田総司像(あくまで私の中の、ですけど)を覆したなーと思ったのを覚えてますw
私がほんとに最初に触れた新撰組がピスメだったためか、沖田総司といえばそっちよりの、見るからに儚い美青年を想像してたので。
まあ美形って点では同じですが、とにかく新しいなーと個人的には度肝を抜かれたのを思い出しましたww

立ち絵からもなーんとなく思ってましたけど、やっぱりSっ子だったのねwww
初っ端から斬るだの殺すだのなんて物騒な乙女ゲー!www
でもその言葉が、珍しいものに対する純粋な興味から気になる子にちょっかい出すようなものに変わり、最終的には愛する人への最大級の愛の言葉になったっていう流れが好きすぎでした(*´ω`*)
この胸のときめき…さすが乙女ゲーム…!

そしてやっぱり沖田といえば付きまとってくるのが"労咳"ですよね…。
最初は療養してたらどこにもいけないし話なんて進まないんじゃ?と思ってましたが、その点はある意味うまく変若水を使ったなぁと。
でもてっきり変若水を使えば労咳は治って、あとに残された問題は羅刹の性質だけだろうと思ってたので、風間に「死病を抱えたままで~」って言われた時は、私も千鶴と同じくポカ―─(´゚д゚`)─―ンでした…。
しかしこのルートはとにかく切なかったです。・゚・(ノД`)・゚・。
病になり刀を振るえなくなることで自分が「役立たず」になるという不安と葛藤。
それが言葉の端々にあらわれててもう…(´;ω;`)
乙女ゲームって、たまに主人公の気持ちにプレイヤーが置いてかれることも無きにしも非ずだけど、これはあの人を支えたい、助けたいって気持ちにすんなり入っていけた。

薫に関してはうんまあ、ヤンデレはいりまーす!って感じですかね、うん←
好きでも嫌いでもないな。
千鶴の言うとおり一族を虐殺されたことに恨みを持つことは否定できないけど、だからって誰かを傷つけていいことにはならない。
千鶴を羅刹にしたのはまじで驚いたけど。病んでるわ…w
とりあえず可愛さあまって憎さ100倍で、シスコンってことはよくわかったようん!

EDは、GOODもBADも切ないですね…。
GOODは好きとか言ってくれちゃって雰囲気甘いしもうラブラブっぷり全快でしたが。(ああ萌えたさ!(*´д`*)ハアハア)
でも最後「目を閉じた」ってところで最初永久の眠りのほうかと思って焦った…!
EDで「いつか離れる日がきても」みたいなこと言ってるゲームってあんまないよね…。
今は幸せなんだけどその"先"を思うとどうにも物悲しいですね(´・ω・`)
BADは切ない。ただひたすらに切ない!
でも「寂しい、よ…」とか「離れたくない」とかきっと心の底にあったんだろう言葉が聞けて、悲しいけど無性にときめいたよもう(´;д;`)
私シリアスとか悲恋とか好きなタイプなので、確かに結末はGOODではないかもですが、一番グッときたのはこのEDです間違いなく!

■斎藤一
寡黙なキャラの斎藤さん。
主人公にあんまり構ってくれないのかと思いきや、意外と世話焼いてくれたり助言してくれたりしてきゅん(っ´ω`c)
攻略対象の中で、一番一緒にいて安心できる人なんじゃなかろうか…!
だけど初めて洋装になった時ボタンを掛け間違えた時は、思わず「か、かわいい…っ(*´д`*)」って口に出しちゃいましたよwwこれが萌えか!←
千鶴がボタン直してあげるスチルが切実に欲しいと思った(´∀`∩
寡黙キャラの照れ顔ってやっぱり破壊力半端ねぇ…!
そして照れただけで「影武者か!?」といわれてしまう斎藤さんww可愛いなおいwww

斎藤さんルートは、乙女ゲー的にと言うよりも、ひとつのお話としてよかったなーという印象です^ω^
自分の信ずるものは何か、武士とはなにか。
途中むしろ千鶴より新選組の方が好きだろって思っ(ry
「死ぬことは恐ろしくないが、信じるものを見失うことが恐ろしい」この言葉に斎藤さんの本質が込められてるなーと思いました。
時代が流れ、自分が見つけた唯一の場所である新選組がだんだんと必要されなくなる。すなわち新選組で武士として生きてきた自分の価値もなくなるということ。
それに倣うかのようにバラバラになっていく仲間。
このあたりの斎藤さんの葛藤はほんとに涙涙でした(´;ω;`)
さらに【左差し】の話で、自分にとっていかに新選組が、そこにいる人たちが大切なのか。
誠の武士たる新選組に対する斎藤さんの思いは、ある意味では崇拝と言えるほど深いものだったんだね。・゚・(ノД`)・゚・。
でも千鶴の「刀が必要とされなくなっても、斎藤さんが必要とされなくなるわけじゃない」という台詞にはじーんとさせられました…。
あくまで武士としての自分に葛藤してる斎藤さんに「刀が必要くなっても(=武士が必要なくなっても)」と言う言葉がベストかどうかは分からないけど、でもとにかく斎藤さんは必要なんだ!って千鶴の心からの言葉に少なからず救われたんだろうな…って(つω-`。)
そんな千鶴の支えもあって、結果的に新撰組と袂を分かつことになっても自分の信じる武士の生き様を貫くために進んでいった斎藤さんはかっこよかった!
最後に平助・左之・新八が駆けつけてくれたのも感動したし…!
なんかすごい真面目に語ったけど、お話としてすごく好きなルートでした(´▽`*)

思いっきり余談ですが。
斎藤さんといえば、大河ドラマの「俺がいる限り、新撰組は終わらない!」って斎藤さんが叫んだ場面が大好きで大好きで。
新撰組への想いが詰まってるなと中学生ながらに感動した記憶が。
薄桜鬼の斎藤さんにも言ってほしいくらい、素敵な台詞だなって思い出しました^ω^

超…お久しぶりです^p^

2011/04/14 Thu*

お久し………っぶりです!
宣言どおり放置でサーセン^p^
とりあえず春休み超忙しかったんです…っorz
春休みにやったこと↓↓
・資格取得
・ボランティア
・卒論
とりあえず卒論がもう…。
うちのゼミの先生は、春休み明けに全体の半分まで書いて来いというドS先生なので必死こいて書いてました(´;ω;`)
おかげで間に合ったけどさ…!

そんなこんなでもう4年生になっちまいましたー\(^o^)/
あと学生1年とか信じたくないんだけど(゚д゚)
まあとにかくラスト1年頑張ることは頑張って、基本ゆる~く行きたいと思いますw

そいえば最近友達に薄桜鬼借りたので、今更ながらプレイしてます!
めっちゃ人気ですよね、薄桜鬼。
あまりにはやりすぎてると逆に興味がなくなるタチなので、今までノータッチだったけど、せっかく借りたのでね(≧▽≦)
また次から薄桜鬼の感想でも書こうかと。
そいえば翡翠の感想途中でしたよね…。いえ、フルコンプはしたんですけどもう覚えてな(ry


profile

link

Twitter

応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。