FC2ブログ
10 2018.11 │ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 12

selected entries

category

archives

comment

QR code

スポンサーサイト

--/--/-- --*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Starry☆Sky~in Autumn~Portable 全体感想

2011/07/31 Sun*
初っ端から余談ですが、今日ひとつ歳をとりましたーいえー^p^
まあ正直もう歳はとりたくない気もしていますが、祝ってもらえるのはやっぱり嬉しい(≧▽≦)
わざわざ友人たちがメールくれた事、そんな友人がいる事に感謝感謝ですね♪
ありがとう友よ…。・゚・(ノД`)・゚・。

で、スタスカ秋の全体感想いきますー。
ルートごとでだらだら書いたのでさらっとめで。

***

in Autumnは「切ない大人との恋」ですね。まんまだけど。
しかし大人といっても、常に余裕があって何でも優しく包み込んでくれる…というよりかは、勿論学生に比べたらそれもあるんだけど学生にはない葛藤や傷を抱えて、それを隠したり誤魔化す術を身につけてしまった人たちという印象でした。
そ学生って失敗しても若さと情熱で突っ走っていける感がありますが、大人になって経験を重ねると良くも悪くも器用に生きようとしてしまう分、「失敗しても次成功すればいい」ではなく「失敗をしないようにする」生き方を選んでしまうのかなぁと。
それだけに過去の傷に必要以上に臆病になって、恋愛というものに向き合えず弄んだり否定したり逃げていたりした先生sだったと思います。
そこを主人公である月子が先生たちが一番恐れている「恋愛」って感情でどストレートに壁を打ち破っていく。
ところどころで恋愛は素敵なものだというニュアンスの事を訴えかけていましたが、正直月子のいう恋愛も、月子はまだ初恋もした事ない(乙女ゲーヒロインは大体そうだと思うけど)のだから酸いも甘いも知らない郁の言うところのまさに「理想論」に過ぎないのであって、経験を伴っていない分説得力はないと思います。
けど自分の思う恋愛に自信を持っているし、それを否定されても拒否されても揺るがないから月子は強いし、先生たちの心も動かせたんだなぁって。
それだけ自分というものを強く持っていたので、夏冬は分かりませんが春に比べると個性のある主人公だったと思います。
なので、乙女ゲーヒロインに個性が強いのはちょっと…って人は少し自分の手を離れて感じるかも。
私も「私はここまで思えないな…」と齟齬が生じた事もあったけど、月子がぶれないのでそれはそれで好きでした^ω^

もちろん想いが通じ合った後はどのルートもあまあまなので、ただ切ないだけじゃないですね。
そこに至るまでがやたらと切ないですが(´;ω;`)
ほろ苦い恋、のちらぶらぶって感じですかねww
あと個人的にモノローグがすごいよかったと思います。
物語中盤~後半で大体切ない展開になるんですが、モノローグがあることによって先生たちの切ない心の動きも分かってより物語に入り込めました(つω-`。)

しかし先生(大人)と生徒(子供)という、立場・年齢の差を生かしたシナリオはやっぱり好きです♪
スタスカは禁断の関係って言葉が当てはまるような雰囲気ではなかったと思いますが(秘めていたけど秘められてなかったり相手があんまり気にしてなかったりしたので)しいて言えば少しだけイケナイことをしているようなちょっとのどきどき感が王道ながら萌えました(ノω`*)
ここがやっぱり学生と違うかな。
学生なら付き合ったら付き合いました!ってなんの問題もなくいえるんだし。
確か春では錫也が宣言してたよね。
そして両想いになったあとはただただ舞い上がるんじゃなくて、いい意味で冷静に月子のことを第一に考えてくれて大事にしてくれる感じが好きだったなぁ…!
これぞ大人の包容力。ときめきました(〃ω〃)

そんな感じで秋は全体的にしっとり切なめだったのですが、その分クラスメイト5人組はいい感じに盛り上げてくれたと思いますw
教室での罠合戦が楽しい♪
もっとクラスでのイベントがほしかったな~。

と結局だらだら書いてしまいましたが、まあ一言で言うと萌えました!ってことで(んな大雑把な
甘いだけじゃない物語をお求めの方は是非!
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


profile

link

Twitter

応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。