05 2018.06 │ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 07

selected entries

category

archives

comment

QR code

スポンサーサイト

--/--/-- --*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛獣使いと王子様Portable シルビオ√感想

2011/08/15 Mon*
今日は終戦記念日ですね。
私は戦争を知りません。メディアや体験者の話を聞くことでしか知りえません。
しかしあの凄惨さを少しは分かっているつもりです。
戦争という多くの命を奪う諍いが、二度とこの国で起こりませんように。
そして世界からも、一刻も早く戦争がなくなりますように。
この国に生きるひとりとして、祈りを捧げます。


***


さ!さくっと話題を変えちゃいますよ!
王子様終わって隠しキャラ?にいきまーす!
「隠し」って言っても隠せてないよね?書いてもいいよね?←
髪の毛が猫耳にしか見えないシルビオさんです^ω^ww

てらしーは、アニメってより乙女ゲーののほうがよく出てる気がw私の印象ではw
最近だともっぱら音也ですよね♪
シルビオは猫だけどあっちはワンコ属性(U^ω^U)
個人的には月華繚乱ROMANCEの禁断兄弟の片割れも気になるところですがw
あのOPの曲エロかっこよすぎて^p^

さてさてシルビオルートの感想は追記から!
ネタバレお気を付けくださいませ~。


silvio.jpg

●シルビオ(CV:寺島拓篤)

シナリオの予想外の切なさに吃驚させられました。
えええ…なにあの切なさ…!大好き!←
もっとこう、いい意味で軽い感じだと思っていたので(シルビオのキャラ的に)予想外でした。
このルートの軸は何と言っても動物と人間の恋。
これだけ言うと他のルートと同じじゃないか!という感じですが、実はシルビオは正真正銘の動物なんです。
他のキャラは
人間→(呪い)→動物
でしたが、シルビオは
動物(猫)→(呪い)→人間
なんです。つまりは本来の姿は本当の猫、ということですね。ぬっこぬこ(゚∀゚)!!
こういう越えられない壁のある恋って萌えますね…!
何故そんな猫さんが人間に恋をしたかというと、その伏線はすでにルシアルートではられていたのです!
幼いころティアナは失敗を繰り返しながら笛の練習をし、それをルシアがそばで応援し、ようやく成功した…っていうのがルシアルートでのエピソードでした。
このティアナが初めて動物を眠らせることに成功したのが「子猫」だったという記述がありますが、その子猫こそがシルビオだったのです(*´ω`*)
この時ティアナはほんっとーに苦労したらしく、シルビオに引っかかれたり噛みつかれたりもしていたらしいんですが、どんなになっても諦めないティアナを見てシルビオはティアナに恋してしまったんです♪

そして年月は流れ、ゲルダに呪いをかけられるわ薬屋の店番だわで早く猫に戻りたい一心だったシルビオは、金の粉を買いにきたティアナと再会を果たすわけです。
初対面で匂いを嗅いできたり抱きついてきたりと最初は???でしたが、真相を知って納得w
明るくて懐っこくてティアナ一直線!なシルビオは性格もTHE☆猫って感じで可愛い( *´艸`)
しかし「もう付き合うとかそういうのも面倒だし、今すぐ協会に予約入れようか」にはどう突っ込めばいいのかwwwww
え?突っ込み待ちですよね?と思ってしまったww
そんな軟派な(本人はいたって真剣だと思うけど)部分と、真剣な部分のギャップがこれまたイイΣd(゚∀゚d)
薬屋に泥棒が入って、ティアナがそれを見つけて泥棒に見つかって…のシーンがカッコよすぎた!
「この女に手を出すなら、話は別だ」
にきゅううううん^///^
ギャップ好きにはたまらないはあはあ←
スチルのシルビオの瞳も、暗闇で強調されてるのが猫っぽくてさらにいいなぁと(´▽`*)

このルートでは、王子たちの命を狙うことによってそばにいるティアナにも危険が及ぶことを恐れ、王子たちを襲う前(マティアスに他の王子を殺させる云々)にマティアスたちに事情を話しにきます。
ので、ティアナが呪いにかかることはありません^ω^
そして竜の件もディルクが最後の魔女の力を奪ったのではなく、最後の魔女の中の竜が暴走したという形になったりと、ストーリーの流れは同じものの微妙な違いがありました。
確かにディルクが竜になったところで、シルビオには弟でもなんでもない人物なので盛り上がりに欠けますよねw
他ルートだと最後にティアナが瀕死になっていましたが、今回はそれがないので代わりに(?)シルビオが瀕死状態に(´;д;`)
もうここからの流れが切なすぎて…!
無事に竜を封印したティアナを見て自分がティアナの実験台になったのも意味があったな、と。
ここでシルビオは初めてティアナと小さいころに会っていたこと、ティアナを好きだったことを語ります。
そしてティアナは普段はスカーフに隠されたシルビオの胸元の白い毛を見て、シルビオがあの「子猫」だったことに気付きます。
そしてシルビオは動物になる呪いをかけられていたのではなく、人間になる呪いをかけられていたことも…。
全てを知ったティアナが、金の粉で猫に戻ったシルビオを抱きしめるのが切なくて…。・゚・(ノД`)・゚・。
最初は呪いを恨んでいたシルビオですが、そのおかげでティアナと同じ人間になれて嬉しかった、と。
人間の姿でティアナと言葉を交わしていた時、シルビオはどんな気持だったんでしょう…。
絶対に叶わないはずのことが実現している。恋した相手と、同じ立場でいられる。
その喜びを思うと、このシーンが本当にたまらないです…。

その後、何日?かして、傷も治り目覚めるシルビオ。
ティアナはゲルダから受け取ったシルビオの呪いを解く薬を手渡します。
それを飲むということはただの猫に戻るということ。
しかしどれだけティアナを好きでいても、猫と人間であるという事実は変えられない。
猫の自分ではティアナを守ることができないと、シルビオは薬をティアナの目の前で飲んでしまいます。
あああああああシルビオオオオオオオオオオ。゚(゚´ω`゚)゚。
でもティアナのことを想っての決断ですもんね。
シルビオだってそりゃそばにいたいはず。
「好きな人が笑っていてくれればそれでいい」ってやつですか大人だなこのやろううう!!!
ティアナは猫に戻ったシルビオに約束のキスをして、シルビオはゲルダと最後の魔女と共に旅に出ました。
まさかの悲恋か…?いやでもこれはこれでアリか…とか何とか思ってたのは内緒ですw
しばらくして薬屋の前を通りかかり、ふと店内に入るティアナ。
なにやら音がしまた泥棒か?!と思っていると(上記の泥棒イベントと描写をかぶせてあるんですね~)なんとそこには人間姿のシルビオがΣ(゚∀゚」)」
ゲルダと最後の魔女に後押しされて、生活費を稼ぐため再び薬屋の店番を命じられたシルビオ。
驚くティアナにシルビオは「また呪われちゃった♪」とwww
こんな感じで無事にハッピーエンドだったわけです☆

冒頭でも書きましたが、まさかこんなに切ないルートだとは思いませんでした…!
しかし折角動物ものの話なんですもの!
本物の動物と人間の恋っていうのもありですよね!と個人的には思うわけです^ω^
シルビオの猫と言いだせない葛藤~事実の告白~薬を飲むって流れが本当によかったと思います!
ぐっと迫るものがあったよ…!
ただ惜しむらくは、こんなにキャラとその背景設定が素晴らしいのに、隠しキャラのせいかどうにもシナリオが短い・細かいイベントが省かれているところ。
スチルの枚数云々ではないと思います。
特にカーニバルイベントはほしかったですね(´・ω・`)
そういう細かいイベントが入れば、シルビオがティアナを想っている気持ちにより肉付けできたんじゃないかと…。
金太郎飴的ストーリーはどのルートにも言えることなので、このルートはボリュームを増やせば言うことないんじゃないかと(*^m^)
猫姿も可愛いしね♥
さて、次はいよいよラスト!幼馴染のクラウスに突撃です~!
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


profile

link

Twitter

応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。