FC2ブログ
08 2018.09 │ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 10

selected entries

category

archives

comment

QR code

スポンサーサイト

--/--/-- --*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛獣使いと王子様Portable クラウス√感想

2011/08/16 Tue*
はい!猛獣使いと王子様、ラストはクラウスです!
あんげんの低音ボイスがクラウスの知的さを助長していていい感じ♪
あんげんの料理食べたい!←関係ねぇ
これで本編は一応コンプです!
感想書きながらだったから思った以上に時間かかってしまったな;
でもアムネシアまでに終わって良かった!
今日友達にVitaminX借りたので、アムネシア→ビタミンでいこうかなと。
超有名タイトルだけど、プレイしたことはなかったんだよねー。

てことでクラウスルートの感想いきます!
ネタバレにはお気を付けくださいまっせー(´▽`*)

(※下書き放置になっていたので16日の記事だけど17日投稿)


claus.jpg

●クラウス(CV:安元洋貴)

幼馴染美味しいですムシャムシャ^p^
クラウスは幼馴染で、親友ロッテのお兄さん(血の繋がりは無し)
20年前の戦争で、両親を失い孤児だったところをべリンダ(ティアナ母)に助けられ、ロッテの両親の養子になったのです。
なので昔からティアナのことはよく知っていて、表面はツンツンしているけれどティアナを守りたいという気持ちが人一倍強い。
ま、簡単に言ってしまえば物語が始まったその時からティアナのことが好きなんですね!
しかし乙女ゲー主人公お約束の鈍さでティアナは気づいてない、というか最初は家族的愛情を抱いていたティアナ。
それが一連の事件を通して、異性への愛情に変わり、それを自覚していくというお話でした(´∀`)

そしてなんといってもこのルートで特筆すべきは
クラウスのネズミ姿
ですね!
他ルートでは、動物の呪いへの関わりは殆どないクラウスですが、自ルートではばっちり呪いにかかります。
といってもクラウスに向かってかけられたものではなく、金の粉を持ってルシアとエリクが争っていた時にうっかり袋の口が開いてクラウスにかかってしまった…というw
ええ、完全なるとばっちりです(爆)
しかも変化したのがネズミだったものだから、マティアスに大爆笑されますwクラウス、どんまい!←
いやーしかしギャップがいいですねw
一番小さくて「かわいらしい系」のネズミなのに、眼鏡をかけてキリッとしている姿が///
逆に可愛いです(〃▽〃)
しかしまず心配するのが「ネズミ姿だと仕事ができない」っていうとこなのがクラウスらしい。
マティアスルートでもでてきましたが、クラウスとマティアスはザルディーネの学園の同級生で、成績優秀同士ライバルみたいな仲だったのでクラウスもマティアスだけにはずけずけ言いますw
だからと言って他国の王子様に自国の仕事を手伝わせるってすごいなクラウス…!w

クラウスにも呪いがかかったことにより、このルートではティアナの家で生活を共にすることに。
なので今までなかったクラウスとの色んなシチュエーションがっ!
ティアナが久しぶりにクラウスのために食事を作ったのですが、食事を食べる直前にクラウスがネズミに戻ってしまいます。
是非ともクラウスに食べてほしかったのですがさすがにネズミ姿では食べられないだろうとティアナは内心しょんぼり(´・ω・`)(金の粉は王子たちが全て持ち出してしまったので手元にない)
このティアナが乙女でかわゆい♥
しかしクラウスは折角の食事だからとネズミ姿で食べ始めるのですが、やっぱり無理があってスプーンが重すぎてそのままスープに落下しそうにw
それをなんとか踏ん張っているところがスチルになっているのですが…。
このスチルがおかしいやら可愛いやらで大好きです(≧ω≦)www
個人的にお腹の反り具合が絶妙。モフモフしたーいw
ソフト持っていらっしゃる方はお分かりになると思いますが…!
あともうひとつ。
朝洗面所で顔を洗っているクラウスに遭遇するのですが…。
ここもスチルなんですけどね、眼鏡取ってるうううううキタコレエエエエエエエ!!!
眼鏡とったクラウスがイケメンすぎて…!
私眼鏡キャラが眼鏡とるとか眼鏡キャラじゃない人がたまに眼鏡かけるとかに弱くてですね!!
ノッカーゥ☆でした(今流行りの某うたの王子様よりw)

クラウスルートもやはり王子たちに比べると短いのですが…。
法王陛下が殺されなかったり、マティアスがベルントに斬られなかったりとクラウスが事情を知って深く関わっているが故の違いがあったのは嬉しかったですけどね^ω^
しかしクラウスの場合特に幼馴染という設定が効いていたかなと。
王子達とは他人から関係が始まるので、ふたりの関係が築かれていく様は基本的に1から描かれているわけですよね(ルシアは例外として)
だから描写が少ない中でティアナが相手を「この人なら信じられる」と思ったり「私この人が好きなんだ…」ってなると、プレイヤーは「いつそうなった(゚д゚)ポカーン」とついていけないわけじゃないですか。
しかしクラウスの場合、ティアナがクラウスを信じたり頼ったりするのに描写が不十分(ルートの長さという意味で)でも、幼馴染という下地があると「(ゲームになっている部分以前の)長年の付き合いがあるしな」とある程度プレイヤーの側で補完ができるので(といってもあくまで「脳内補完」にすぎないんですけどね)上手くルートの短さをカバーしているんじゃないかなーと勝手に感心してましたw
しかしクラウスは普段が冷静なだけに、ティアナのこととなると感情の起伏が激しくなるのがイイですね(*^▽^*)
マティアスに掴みかかったシーンは、本当にティアナが大切なんだなと愛を感じました(´;ω;`)
ロッテが兄さんはずっとティアナのことを一人の女性として大切にしてきた、ということを言っていたのでほんとに十何年とティアナを想い続けてきたんでしょうね…!
そう思うと、最初ティアナが王子達のことを隠していた時、ティアナに何度も理由を話せと迫っていたのも納得です。
心配で心配でたまらなかったんだろうなぁ…。

EDは、例の薔薇をクラウスに贈られたのですが髪に挿したので「私にだけ咲いたのか見えない!」と抗議するティアナですが、「見なくても分かるだろう?」と。
うひゃーーー(*ノ∀ノ)
ここもスチルあるのですが、勿論ばっちり咲いていました☆
実は昔クラウスはこの薔薇をティアナに渡そうと思ったことがあるそう。
しかし誕生日プレゼントに花とケーキどっちがいいか?と尋ねたらケーキとティアナが答えたので渡さなかったと。
これはクリア後のノベル?読むときますねー!
20年前クラウスは命を助けてくれたべリンダに物凄く依存していて、大好きすぎてその実子であるティアナに嫉妬しちゃうんですね。
それでティアナにツンケンしちゃうんですけど、両親が世界を回るためクラウスの両親に預けられたティアナを見てそこにかつてべリンダに置いて行かれた自分の気持ちを重ね合わせて同情し、そこで初めてティアナを守りたいって気持ちが芽生えるんですよ!
このことがあって、いまだに自分がつんけんしていたことからティアナに嫌われているかも、となかなか踏み出せなかったクラウスなのでした。
きゅん(っ´∀`c)
あー、やっぱ幼馴染っていいね!「お前のことは分かってる」みたいなのがさ!!
んふー萌えた萌えた(*´ω`*)

ということで、これで「猛獣使いと王子様 Portable」本編終了です~!
感想がっつりかいたなぁw
余裕があれば全体の感想なんぞもupしたいと思います♪
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


profile

link

Twitter

応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。