07 2017.08 │ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 09

selected entries

category

archives

comment

QR code

スポンサーサイト

--/--/-- --*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムネシア 総評的なもの

2011/09/22 Thu*
アムネシア、折角フルコンプしたので総評的なもの(あくまで"的な")書いてみようと思いますー!
マジ主観1000%なのであしからず(`・ω・´)ww
一応ネタバレにはご注意くださいまし!

AMNESIA(アムネシア) (限定版:ドラマCD/設定原画集 同梱)AMNESIA(アムネシア) (限定版:ドラマCD/設定原画集 同梱)
(2011/08/18)
Sony PSP

商品詳細を見る


●設定
近頃では珍しいように思う"無個性主人公"で、さらに記憶喪失という要素が加わってゲーム開始時点での主人公とプレイヤーの情報量が同じなので、自己投影はしやすいかと。
だけど終盤ほんのりですが、(記憶の回復により)主人公の性格が出てくる部分もあり、かつその性格もルートごとに微妙に違ったりするのであまりに独自に設定付けをしていると、そことずれが出てくる可能性もありますね。
ので、自己投影して乙女ゲーを遊びたい人はいいかもしれませんが、主人公は主人公という1キャラとしてプレイしたい人は戸惑うかもしれないです。
しかし作中で主人公が言いたいであろうことはほぼすべてオリオンが代弁してくれるので、キャラから一方的に話しかけられている感は薄いかと。
ただ上記の理由でほぼずっとオリオンは登場していることになるので、オリオンのキャラがちょっと…って方はこのゲーム自体きついかも><
彼の存在なしには進められないので…。
また全て個別ルートということで、ルートごとに主人公とキャラだけでなく、キャラ同士の関係も変わってきます。
ループではなくパラレルワールドという設定なのでこれはアリだと思うしこれはこれで毎回新しい物語が楽しめるので新鮮でいいなと思います^ω^
ただ個人的にはキャラ同士の掛け合いも楽しみたいのですが、ルートによってはキャラ同士が本当に知り合い程度の関係で殆ど会話もない…ということもあるのでそこが残念(´・ω・`)
主人公が喋らない分、やはりキャラ同士の会話をもっと見たい!!
せめてメインの4人は「どのルートでも冥土の羊で働いている」くらいの大まかさでいいので、関わりあいのある設定にしてほしかったというのが正直なところです。

●ストーリー
「記憶喪失による自分と相手のズレ・すれ違い」を主軸に、すごく丁寧に作られていたんじゃないかと思います。
以前何度か書きましたが、次は?次は?とどんどん読み進めたくなる面白さ。
各ルートの真相を知るまでのどきどきする感じが、物語としてはやっぱり重要な要素なんじゃないかと。
ただ「乙女ゲーム的」ではないですね、うん。
勿論甘いシーン・台詞もあるけれど、やはりそれぞれのストーリーに「真相」というべき謎が隠されているので、らぶらぶあまあま♥というよりは、サスペンス風味。
ひとりひとり話が作りこまれている分、その設定が濃く重たいのでどうしてもシリアス。
私はシリアス 大 好 物 ^p^ なのでかなり楽しめましたが、十中八九雰囲気は重たい(悪い意味ではなく)ので苦手な人は注意かな。
あ、主人公が殺されたりとか嫌がらせされたりだとかあるので、そういう描写が嫌な人も注意。
あとBADが異様に多いので(笑)ハッピーエンド以外受け付けないわ!って方は厳しいかも(;´・ω・)
色々書きましたが、個人的にはかなりはまりこんだストーリーでした!
結末が多少ご都合主義なところも無きにしも非ずですが、でもひとりひとり丁寧に描かれていたと思います。
完全個別ルートなので金太郎飴では勿論ないし、キャラを変える度全く新しい物語が始まるので、周回プレイも全く苦になりませんでした(´▽`*)
選択肢は多いと思いますが、ゲームのボリュームがすごくあるってわけでもないので、適度に「プレイしたわー」って感じられるかな。
とにかく私としてはシナリオはかなり良かったのではないかと!

●グラフィック
これについてはいい意味で特に言うことはないかと。
立ち絵・スチル・背景も全て綺麗です(ノω`*)
キャラの服装がゴシック調でわりとごてっとしていますが、背景が逆に単色+グラデでシンプルに描かれているので画面はうるさくなりません♪
あとキャラの等身(足)が気になるという声もあるみたいですが、描かれるのはほぼバストアップなのでこれも気になるほどではないかと。
スチルも(絵柄の好みは置いておいて)特に気になるようなものはなく、どれも美麗です^ω^

●キャラ
んーこれは曲者揃いとしか言えないww
タイプはみんな違えど、それぞれのルートでそれぞれの魅力がきっちり出てると思います!
第一印象でチッ(-ε-●)と思っても、ルートをやればきっと印象変わると思う(`・ω・´)
アムネシアのキャラはその表現方法こそ違うけど、とにかくみんな一途なんですよね。
想いが深すぎて問題が起こったりすれ違ったりするんだけど、でもそこまで一途に想われてるとなればやっぱりきゅんとしますよね(*ノ∀ノ)
そして設定上相手は主人公をすでに好きな体で始まるので、愛情の表現方法とかの違いも見ていて面白いなと私は思いますw
あと最初はみんな割と物事に対してスマートにこなしているというか余裕のあるように見えて、実は物凄く不器用だったり焦っていたりと、話が進んでいくにつれて「本音」が見えてくるのも人間くさくて好きです。
個人的にはトーマが最愛ですが、結局どのキャラも好きですよー♪
ルートごとに性格変わる店長とかねww個人的にはゴルゴなワカさんが一番好きかもw
女の子組とオリオンは癒しです(`・ω・´)キリッ

●システム
これはいつものオトメイト仕様で快適。
バックログ・クイックセーブ/ロード・スキップなどなどついてます^ω^
「選択肢までスキップ」はないかな。
ギャラリーもアムネシアはBADも結構重要なEDだったりするので、EDリストがあるのがありがたかったです(≧▽≦)
ただ個人的にはEDの回想とスチルがなくても萌えるイベントが沢山あったのでイベント回想の機能が切実にほしい…!
セーブでとっておくこともできますが、やはりギャラリーから行けるのが快適だと思うので。
でもまあそのくらいで、プレイしていて特に不便さは感じませんでした!


うーん、アムネシア愛が滾りすぎて総評なんぞ書いてみたけど果して総評になりえているのかwww
とにかくアムネシアはおすすめできるってことだけは確かです!←アバウト
万人受けするゲームではないと思いますが、もし迷っているなら買うべきかとΣd(゚∀゚d)
私はかなりハマりましたよ~。
友人のもとから帰ってきたらもう一度やろうかなと思うくらいには!
内容的に難しいかもですがFDでたらいいななんて…。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


profile

link

Twitter

応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。